どうしてラポールを意識しなければならないの?

12月 15th, 2012



営業というお仕事についている方は、
皆さん、会社や個人的な学習を積んでいらしゃいます。


そして、人を相手にしているお仕事のため、
コミュニケーションについての学習と実践は基本です。
ですので、NLPプラクティショナーで学ぶラポールについて
ご存じの方も多く、既に意識的な実践をされている方もいらっしゃいます。


では、そういったことを考えず、まずはコミュニケーションの基本である
ラポールに目を向けて考えて行きましょう。


どうして私たちはラポールを意識しなければいけないのか?
あるいは、少し意地悪に行きましょう。

ラポールを既に意識している私が今、どうして、ラポールについて
改めて学ばなければならないの?です。


ここに答えるとしたら、ラポールについて明確に認識することができるからです。
具体的には、ラポールが築けている心の状態や築くための方法を学ぶことで、
今現在、苦手なタイプも含め、もっとラポールを築きやすくなります。


また、部下に対しても教えていくことが出来るからです。


もちろん、ラポールを既に学び混んでいて、それも押えている方は
別ですが、明確に認識し、どんな相手や場面でも活用できる
状態を作るための考え方や、方法を明確に・同時に学べることに
価値があります。


なぜならば、それらを知っていれば、
考えて工夫して、アイデアも出すことが出来るようになります。


営業では、お客様との信頼関係が、
ラポールが基本となる為、しっかりと押さえたいところです。


自分の内側に向きあう時間を作る

10月 17th, 2012



あなたは自分の内側に向き合っていますか?


どんな仕事もそうですが、特に、

・忙しい方
・接客業の方
・数字に追われている営業マン
・人を育成・マネジメントする管理職


などの方にとって、とても大切なお時間となります。


その時に、NLPを使って、イメージするのもいいですし、
NLPの肯定的意図やヒーローズ・ジャーニーで振り返るのも
あなたにとって、必要なお時間になります。


では、どうして自分の内側に向き合う必要があるのでしょうか?


やらなければ、楽です。わざわざその為の時間を作ることがありません。
しかし、もしもあなたが、自分の内面へ向きあう時間を作って、
NLPのワークを行うとしたら、今後出てくる結果がかわります。


具体的には、あなたが行うワークによって違いますが、
NLPのワークを5踏んでも、1日の合間に行うだけでかわります。


朝や夜でもいいですが、出来れば朝・夜・1日の合間がいいでしょう。



では、ワークごとにシンプルですが、どうして行うと良いのかをお伝えします。


・NLPのフューチャーペーシング
 ⇒あなたが営業マンだとしたら、望んでいるゴールを描くことで、
   モチベーションの変化、あなた自身の修正、目標の再確認、
   セルフイメージの向上、目標の細部をイメージなどの効果につながります。

   それは、あなたの無意識レベルの力になります。


・肯定的意図のワーク
 NLPの肯定的意図のワークを通して、あなたの葛藤を解消しますので、
 人生の流れ、エネルギーの流れが良くなり、葛藤から起きていた
 エネルギーのロスがなくなります。   


他にもありますが、NLPを使って、あなたの内面へ向きあうことには意味があります。


インプットを変えて、自信を高める

8月 18th, 2012



「もっと早く知りたかった」という声が聞こえてきました。


NLPセミナーを学んでいきますと、本当に多くの学びを得ることができます。
そして、NLPでは学びながら、手放していきます。


どういうことかといいますと、あなたは新しいことをNLPを通して、
学んでいきますが、同時に、あなたにとって不要なものを手放していきます。
この場合の、あなたが手放したほうがいいものとは、あなたの
足を引っ張っているものです。


例えば、あなたが変えたいと思っている(思ったことがある)
思考・行動・習慣・感情・反応の仕方などです。


何をお伝えしたいかといいますと、あなたの中に既にインプットされて
いるものが、あなたの人生に出てきています。ですので、それが悪いも
のであるなら、取り除く必要があります。または改善です。


そして、本当に望んでいる結果を真剣に望んでいるのなら、
あなたが結果を出すために必要なことをインプットしていきます。


それが、スキルなのか?メンタル的なものか?考え方なのか?
セルフイメージなのか?ビリーフなのか?いろいろありますが、
お伝えしたいことは、仮にあなたが、営業マンとして結果を
出したいのであれば、やることはシンプルです。


結果を出しているあなたの未来に相応しいものをインプットすることです。
そして、いいものをインプットすることは、確実にあなたの頭、心を
変えていきます。それが自信に変わります。


NLPには、その為に様々なスキルが存在しているからこそ、
多くの方が学び、喜んでいるのです。


解釈により、現実が変わる

6月 25th, 2012

ものごとの解釈次第で、その後の人生が変わる


NLPセミナーを学んでいきますと、リフレーミングというスキルを
学ぶことができます。ものごとの解釈を変えていきます。NLPの
リフレーミングでは、その為に、あなたの解釈の枠組みを変えていきます。


では、枠組みとは何でしょうか?


人により言い方は変わると思います。
しかし、NLPのリフレーミングでいう枠組みは、
一つの考え方だと思うと分かりやすいです。


どの角度からものごとを考えるか?


言いかえますと、どの角度から、ものごとを見て、聞いて、
感じて、考えていくのかで人生が変わります。



例えば、もしもあなたが営業マンさんだったとします。


なぜか、その日は変で、お客様を怒らせてしまったとします。
その時に、落ち込んでしまったとします。


ここからが大切です。

落ち込んだ時に、あるいは、落ち込んで落ち着いた時に、
あなたが、自分が起こした出来事について、
どのような解釈を与えるかで変わります。


NLPのリフレーミングを意識して使うとすれば、
どの角度から見るかです。どの人の立場でものごとを解釈するか、
過去、現在、未来のどこへフォーカスしているのか?


それらで随分と変わります。


こんな考え方もできます。
NLPのフューチャーインタビューでも使う質問です。


「もしも、未来のうまくいっているあなたから、今のあなたに
 メッセージを投げかけるとしたら、どんな言葉をかけますか?」


講座のように、未来の視点を持つことは、特に大切です。
なぜならば、受け取れるものが変わります。


今起きていることは必要があって起きている

4月 25th, 2012



「ベストなタイミングでベストなことが起きている」


という言葉をお聞きになったことはありますか?
NLPを学んでいくと少し触れていく考え方だと思います。


全てのNLPスクールで教わるかどうかはわかりませんが、
この考え方は、NLPだけでなく、ビジネス系のセミナーや
スプリチュアル系の内容や多くの書籍でも教えて頂けます。


ところで、
「ベストなタイミングでベストなことが起きている」
という言葉を聞いて、どう思いますか?


いろいろな捉え方、解釈をしたり、
過去の経験を思い出しているかもしれません。


実は、この考え方の根底には色々とありますが、
シンプルな部分をお伝えさせて頂ければと思います。


「起きている出来事は必要があって起きている」


いかがでしょうか?


例えば、NLPを学んだ営業マンさんお話をご紹介させて頂きます。
営業マンさんは、ある時、大きなクレームを受けました。


周りの仲間や上司、先輩やNLPを学んだ営業マンさんの部下の方達は、
信じられないと驚いたそうです。なぜならば、そんなミスをするはずのない人が、
やっていたミスだからです。


経緯は割愛しますが、結果的に、NLPを学んだ営業マンさんは、
元気に、お客様からの信頼を取り戻して、結果を出しています。


彼が考えたのは、
「ベストなタイミングでベストなことが起きている」です。


「この出来事が、必要があって起きているとしたら、どんな意味があるのだろうか?」
「どのようなメッセージがあるのだろうか?」


ということでした。
この視点を得ることで、大切な何かに気づきやすくなるはずです。


達成してい自分なら、どうしているのだろうか?

2月 27th, 2012



NLPのアズ・イフフレームを覚えていますか?

「もしも」という思考の方法です。
以前にお話ししましたが、望んでいる状態を達成している自分から、
メッセージを頂く時にも使えます。

例えば、「もしも、ゴールを手に入れている自分から、今の自分に
メッセージを伝えるとしたら、どのような言葉をかけるだろうか?」

と質問をします。


このような質問をする意味は、今までの延長ではなく
結果を出している自分からメッセージをもらうことで、
思考の枠組みを変えることができるからです。

ですので、このNLPのアズ・イフフレームの使い方は、
行き詰まりを感じた時や、これといった決め手がない時など、
発想を転換したい時に使うことができます。


営業マンさんなら、この思考の使い方を活用して、

・目標設定
・行動計画
・アイデアの創出
・行き詰まりの打破
・思考や発想の転換

などに使うことができます。

では、このようにNLPのアズ・イフフレームを使う際の
ポイントをお伝えさせて頂きます。


それは、皆さんが望んでいる状態やゴールを手にしている時の
イメージを鮮明に描いてから行なうことです。レモンをイメージすると
口の中が酸っぱくなるように、イメージをすると、身体や頭が反応します。
頭とは脳のことです。

つまり、NLPのアズ・イフフレームを使う前に、
望んでいる状態を鮮明にイメージすることで、思考や感情などが、
切り替わります。そして、ベストな思考や感情の状態になった時に、
NLPのアズ・イフフレームで質問をします。


すると、今の現状の自分の思考を手放して、
思考や発想をすることが出来るのです。


お客様の不安を解消する

12月 15th, 2011




NLPプラクティショナーでの学びを
営業で活用して行きましょう。


もしも、営業マンとして激戦の業界にいらっしゃるとしたら、
他の営業マンさんとの違いを作りましょう。


そんな視点でトップセールスマンさんから営業について学んだり、
その他の営業マンと自分との差別化を計ることができます。


正直なところ、NLPでいうセルフイメージが低すぎなければ、
一般的な営業マンさんとの差別化はとてもシンプルです。


なんだと思いますか?


それは、
「効果的なはずなのに、皆やっていないことを行なう」


実はできているようで出来ていないことが多いのがこの点です。
NLPを使って営業をする際に、私たちはラポールを築くために、
コミュニケーションを大切にしていると思います。


この時に、一つ落とし穴があります。
あなたが、お客様にとって自然に何でも話してしまう、あるいは、
話しやすいキャラクターでしたら、問題はないのですが、
そうでない場合は、表面的なラポールで終わります。


つまり、相手の内面へペーシングして、
深いレベルでのNLPのラポールを築くことが大切です。


そうしないとお客様は心を開いてくれません。



心を開いてくれる時、先に相手の内面に触れているか、
相手が心を開いても大丈夫だと安心しているか、
基本的なラポールを築いた上で適切な質問をした時です。


何を言いたいかというと、
・お客様は本音で不安や不満を語ってくれているか?
・お客様に不安や不満、満たしたい大切な事は何かを聞いているか?
・何でも話せる気のおける存在下、雰囲気を作っているか?


という視点でも違いがでてきます。


NLPのクライテリアやラポール、深いレベルでのペーシングなど、
活用できるのもはたくさんあります。


活用するほどに成果のレベルは変わってきます。


痛みに向きあうことでリソースを見出す

11月 15th, 2011




継続的に営業で成果を出している方と、
そうでない方の違いを前回の続きを兼ねて、
ある側面から見ていきましょう。


それは自分の中から可能性を見出すというテーマでした。


実は、継続的に結果を出している方は、
つまり、自分が見たくない部分を見ています。


例えば、本当にめんどくさいこと、
新しく覚えなければいけないこと、
今までのやり方を変えたり、バージョンアップ
させなければいけないこと、自分の中にある
内面の課題や問題。


色々あります。


NLPセミナーのプラクティショナーコースで
学んだ内容を活かして営業で結果を出したいと
お考えになったとしたら、次のような使いかたができます。


自分の痛みと向きあい、自分の嫌な面を見ます。
そして、どうしてそれが嫌なのか?


そこに存在している肯定的意図を見出していきます。


例えば、NLPを東京で学んだ男性の話ですが、
この男性は、自分がどうして、お客様からのNOに
過剰に反応してしまうのか?


どうして恐れや不安を感じすぎるのかをひたすら見つめて行きました。
そして、NLPの肯定的意図のワークを一人で行ない増した。


そこで手に入れた可能性はこうです。
NLPでいう自己重要感を自分は感じるところか、
親から否定され続けていたように思う。


ということが分かって来ました。
お客様からのNOは過剰な否定に聞こえるのはそこでした。


結果的に、NLPを東京で学んだ男性は、
お客様と自分のゾンデ位を切り離して考えることが
できるようになりました。


同時に、自分はNLPでいう自己重要感を満たさないで、
少々気を過ごしていたお陰で、人を大切にする人間に
なっていることに気づきました。


実は、自分が見たくないところには、様々な見えていない
可能性(NLPでいうリソース)が存在しているのです。


常に研究して可能性を見出す

10月 15th, 2011




モデリングをすることで、セルフイメージを高める。


ということに関しては前回お話しました。
では、また別の視点からセルフイメージを
高めることが出来る方法を学びましょう。


テーマは、自分の可能性を高めるです。


例えば、営業という仕事をしていると、
現在は結果を出し続けている方でも、
その中の多くの方でさえ、苦しんだ時期があります。


それは、営業をやめようと考えた時期かもしれません。


ところで、やめずに結果を出した方達は、
殆どの場合、かならずある現象に出会います。


それは、ある瞬感に視野が開けます。


大体の場合に、何かがきっかけで、
自分の中で何かが変わりますが、同時に、
もしくはきっかけとして、可能性に出会います。


NLP資格のセミナーではセルフイメージを学びます。


このセルフイメージを考えた時、
あるいは、自信を考えた時、自分の中に
可能性を感じている時と、感じていない時では、
全然気持ちが変わります。


では、どうしたら可能性を見出していけるのでしょうか?


それは研究です。


NLPのトレーナーさんはたくさんいらっしゃいます。
その中で、評価の高いトレーナーさん達は、
人柄だけでなく、NLPが好きで、NLPを深く理解しています。


では、営業という仕事でどれくらい研究していますか?


研究しながら、可能性を一つ一つ見出していくと、
私たちは、そこから未来への希望や期待を得ることができます。


ここは人間の心理の不思議なところです。


その可能性を見出すのが、
NLPであり、結果を出している人から学ぶということなのです。


次回は、可能性を見出す際に大切なことを
ご紹介して行きます。


モデリングをしてセルフイメージアップ

9月 12th, 2011




モデリングをするとセルフイメージが高まります。


どのような原理でしょうか?
とても、シンプルですが、自分がモデリングしたい相手というのは、
恐らく、欲しい結果を手に入れている人や、技術やスキル的に
卓越しているはずです。


なによりも、そのような方達は、
その分野や結果に対してはプロです。


ですから、セルフイメージが高いです。


NLP資格のセミナーで学ぶモデリングとは、
相手の内面にもフォーカスして、そこもモデリングします。


具体的には、NLPを大阪で受講した男性の話ですが、
尊敬する自分の父親をモデリングし始めてから、
自分の中のイメージが変わったそうです。


具体的には、自分は一スタッフにすぎないという
セルフイメージを持っていて、本当に後を継ぐのか?
と自分で自分に疑問を持っていました。


しかし、NLPを大阪で学んで、モデリングを知ってから変わりました、
自分の尊敬する父親をモデリングしているうちに、意識が変わってきました。


理由は、自分女の知らない父親の内面や価値観に触れることが出来たからです。
経営者として、どうしてリピーターさんが付いて来てくれるのか?
経営や商売、営業に関することを学んで行きました。


結果を出している人に結果を出している理由があります。
そこには、セルフイメージから、スキルや行動など、
様々なものがあります。


そこを見て、聞いて、感じて、調べて、言語化していきます。
それをモデリングすることで、内面の状態を自分のものとして、
演じることができます。


つまり、NLPを大阪で学んだ男性は、モデルに選んだ方を
徹底的モデリングすることで、セルフイメージも上がったのです。